印税について

印税とは、本を出版して本が売れたら、出版社から著者に支払われるお金のことです。普通は本の定価の10%というのが相場です。無名のプロでない人は、最初は8%からという場合もあります。また、この印税の計算の仕方は、実際に売れた本の数で計算するのか、印刷した本の数をベースに計算するのか2パターンあります。
たとえば1000円の本を5000部印刷したとしましょう。それで印税10%。
1000円×10%×5000部=50万円
印税は50万円です。これが8%だと40万円になります。

今度は実際に売れた数で計算します。5000部印刷したけれども、実際に売れたのは2500部だったとすると。

1000円×10%×2500部=25万円
になります。

だいぶ受け取る金額に差が出てくるのが分かります。

印税について” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です