サブタイトルの役割

タイトルを決めることに悩んでしまっても、世の中に出ているいわゆるベストセラーなどのタイトルの真似をすることは避けた方が良いかもしれません。

たとえば人目を引くユニークなタイトルを真似たとしても、自分が書いた本の内容とあまりにもかけ離れていたら読者をがっかりさせてしまうことにもなるからです。

初めからタイトルを決めなくても、本の原稿を書くことはできますので、原稿を進めながらゆっくりと時間を掛けて内容に見合うタイトルを考えてみてはいかがでしょうか。

タイトルのことから離れたときにハッと良い案が思い浮かぶこともあるかもしれません。焦らずに考えてみてください。

その方がきっと内容にぴったりと合ったタイトルがひらめくことでしょう。

本のタイトルを決めるときに副題であるサブタイトルを一緒に考えてみてください。

タイトルの長さは短めにして、そのタイトルで読者に伝えきれない言葉を副題であるサブタイトルで表してみるのです。

タイトルですべてを詰め込もうとしなくてもすみますし、より広く読者へのメッセージをこめることができるはずです。

タイトルとサブタイトルを同時に考えることによって、表現の仕方が大幅に広がり思いがけないアイディアが浮かんでくるかもしれません。

新刊本を見てみると本を巻いている帯が付くのですが、この帯は一般に帯文といい短い文章を載せる帯になります。

これもまた書店で読者の目に止まりその本を手に取るか否かの材料となるので手を抜けません。

順番の参考として、タイトルで本のタイトルで本の本質を捉えサブタイトルで足りない言葉をカバーして、そこで帯文があれば大切な要素を補充すると、よりたくさんの思いを伝えられることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です