ライフワークをテーマにする

一生または、人生の中で相当長い期間を費やして進めた仕事や研究などを振り返ってみることはとても有意義なことです。それが収入に結びつかないような趣味であったとしても、長い年月をかけて身につけてきた技能や知識は他社の追随を許さないほど高いレベルにあることでしょう。それらのライフワークをこれからの生活に活用してみるのは良いと思います。仕事での経験、や研究の成果、長年費やしてきた趣味の成果などを事細かにまとめておくことは、自身の成果がいかに大きなものであったかを改めて実感できる良い機会になることでしょう。自身のためでなくてもあとに続く世代にとって同じ分野をライフワークとする人からすれば過去の苦労や経験は貴重な上方となるはずです。他にも、これらのライフワークの成果を自費出版の形でまとめておけば、今後ボランティアやもしかすると様々な講演会などで力を発揮できるようになるかもしれません。

ライフワークとはどのようなものがあるのでしょうか。ライフワークを直訳すると天職と約されることが多いようです。一般に生涯の仕事として人生を捧げたテーマとされるライフワークですが、ある作家はこのように表現しています。ライフワークとは自分の中にある幸せの源泉から湧き出る情熱を用いて自分らしさを表現するものである。これは、自費出版の自分史のテーマとしてこれ以上ないほど良いテーマだと言えるでしょう。自分の人生の大半を捧げたテーマがある方はぜひ書き記していただきたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です