木版印刷について

中国の唐の時代に、 木版印刷が行われ、これが印刷の 源流と呼ばれています。日本では、770年ごろ完成したと伝えられている 「百万塔陀羅尼経」 無が法隆寺に保存されていますが、これ が現存する世界最古の印刷物になっています。10世紀 に入り、中国では盛んに木版印刷による出版が行われ、日本でも奈良の春日神社に奉納する経本「春日版」など が平安末期から室町時代にかけて印刷されています。ま た、興福寺に現存する木版は 295年に彫刻されたも ので、現存する最古の版木といわれています

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です