新たなパッケージ開発

食品や日用品、 医療・医薬品や産業資材など多方面で需要があるパッケージ印刷は、紙コップや液体容器、カートンなどの「紙器」と、
パウチ、フィルムなどの「軟包装」、 「成型品」「複合容器」と分類することができます。
そして、環境問題への対応や物流コストの低減などから、それぞれのカテゴリーで新規性などが問われています。

また、印刷会社は容器への印刷だけではなく、無菌充填システムなど製造工程に付随させて、トータル的なシステムの提案が求められています。
シール、パッケージ印刷などは特殊印刷加工の分野として、業界の中でも専門 化しています。
近年、高齢化の進展に伴い、ユニバーサルデザインに配慮したパッケージや環境に配慮したパッケージの開発が求められています。

軟包装や紙器はともに重さが、缶や瓶など他の包装材と比べても圧倒的に軽く、輸送コストという点において も優位性があることから、需要は比較的安定しています。
しかし、 最近は小ロット多品種化や顧客の包装デザインに対する多様な要求から、製造面において、
ロスの増加や生産効率の低下などで収益を圧迫していることが問題にもな ってきており、パッケージ印刷の業界も気を許せない分野になっています。
高い安全性と環境負荷の低減を求めるようになってきているということです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です